読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

hidden design

大阪市で働くデザイナーのブログです。ポートフォリオ→https://hiddendesignsite.wordpress.com/

アイデア

「hidden design」という屋号と、そのまわり

アメリカ。 アメリカ、シカゴに3か月だけいたときに人に言われて心に残っていることは 今あなたは踊りたくないと感じているんでしょう?じゃあ、あなたは踊らなくていいんだ。 あの先から向こうは行ってはだめなんだ。あなたにはあの場所は危ないから。 それ…

クラウドワークス、ランサーズなどでの仕事のもらい方

利用しはじめて何年めだろう、最近になってようやくクラウドソーシング系でもじわじわ仕事をいただけるようになってきました。 自分の環境や目的、目標によって流動的にサービスとの付き合い方は変わってゆく。あきらめるところをあきらめ、急に少しコツが掴…

アイデアの出し方

まずは テーマをよく聴き、読み、否定せずできるだけいろんな角度から/レイヤーで、理解しようとする ↓ そのあといったん忘れる ↓ 素材集め、似たもの集め、なぜか気になること集め ↓ 数多く、けして否定せず、アイデアを出す ↓ 他人の目になり取捨選択 ゲ…

個人のデザイナーとして開業後、2か月たって思うこと

開業して約2か月たつことになる。ひえー、、、これはたいへん、焦る。 変化や問題点などをメモしておいた方がいいなと思いました。 「開業」といっても、週に5日会社に出勤していたときとやっていることはそう変わらない。 けれど、週5日から4日出勤になり、…

「たたかう」のほんとうの意味 ものごとが上手にできるようになるために

Jリーグの試合を息子と見に行きました。プロフェッショナルとはこういうことか、と思ったポイント。 ●「たたかう」フィールドが高い、違う 選手たちは「たたかう」ことの把握の仕方が違う。目に見える相手に勝つことがたたかうということでは、やっぱり、な…

何度も書き直すこと、世に出てしまうという言い方のこと

ぜったいに書き直すところが出てくる。 読まれるものだから、とりあえずアップしてしまうのはどうかと思うけれど、 下書きではなく「実際にアップして」、1日置いて書き直す。 緊張感を持つことで、1回めの仕上がりがよくなればいいけれど! 「世に出てしま…

コンビニが「生活のインフラ」ということ

近所のコンビニに行ったら、風船をご自由にお持ち帰りくださいとあったので持って帰った。 抱えて自転車のカゴに入れるとき、ふわっと飛んでいきそうになる。 あ、飛ぶんだった、風船は。 自動ドアに、義援金の報告の張り紙があった。 集まった金額の報告と…

うまくなってどうするのか 〈ない〉力を発生させるためのポイント

何かを好きになって、練習したり先生をみつけたり、コミットしていき、憧れ、技術を追いかける。 うまくなってそれでどうするのか?と疑問に感じる時が出てくる。 それは、上達の波が止まったように感じるときのごまかしの気持ちであることもあるし もうそれ…

アイデア出しのときにいろいろ考えること

たとえば、アートとデザインの違いという議論が流行る時代がある。でも、違いはないともいえる。 問題解決という言葉があり、問題提起という言葉がある。問題意識を抱えていくという意味において、その2つは違わない。 「商売人」という名前があり、「先生」…

紐 役に立たないもの

息子が赤ちゃんのとき、意識していなかったけれど糸や紐ばかり集めていた。 珍しい植物で染めた麻紐とか、繭とか。買い求め、編んだりぶら下げたりすることで落ち着きを得ていた。赤ちゃんが洗濯物を眺めている姿を見るのが好きで、フェルトのモビールを作っ…

今やらなくてはいけないこと/署名について/目線について

今わたしが急ぎでやらなくてはいけないのは、やりたいのは(自分の仕事に関しては)、ポートフォリオ作り。 いくつかの作品(というか)を見直していて、自分で気に入らなかったり物足りなかったりして、というか、クライアントさんなりに許可をとらないとい…