hidden design

大阪市で働くデザイナーのブログです。ポートフォリオ→https://hiddendesignsite.wordpress.com/

ナン・ゴールディン

ナン・ゴールディン。腫れた顔、影、ぐちゃぐちゃのシーツが酒でべとべとになって煙の向こうに情の輪郭が見えて。語りつくしても語り切れないだろう、癒えないだろう悔しさと切なさ、孤独〈感〉の響きをきいているだけのむなしさ。こういうものにつよく惹かれる時期や瞬間は部分はあるなー。あったな、もどかしい。

ヘンリー・ミラー、ソフィ・カル、ランボーアナイス・ニン荒木経惟とか、、、。あと誰やろか。どんな人たち、どんなかたちだろうか。

いちばん好きなこと、気になることとは、自分でもびっくりするほど目を逸らしがち、盲点にしてしまっていることがほんとうに多い。ここにあるのに。かたちにおろしてくる(落とす)ときに、〈完璧〉、〈正しさ〉という幻想をしるべとするからというのもあるだろう。きっかけはぱっととってきてかたちにする、呼吸するように。

なのでほったらかしのことを早くしないとと思った朝。詫びながら。