hidden design

大阪市で働くデザイナーのブログです。ポートフォリオ→https://hiddendesignsite.wordpress.com/

借り換え。刷り込みや、自分でつくる安心感について。

借り換え、だんだん整えていく(遅い)。札束を引き出し、札束を移し替え、必要な分を封筒に入れて引き出しにしまった。

お金はきれいでも汚くもない。動揺するものだなー、、と思いながら、何度か操作を間違えて舌打ちなど。よくできたもので、自分の子がこちらを向いてにこにこしている顔が自動的にずっと思い浮かんでおり、やるべきこと、やりたいことが現実的にどうか、というのが試すなかで見えてくるだろうというのと、夢想的なアイデアはずーっと頭のなかで回って(無理やり感はある)いるのとで、心が無駄に落ちないようにバランスをとっていた。悪いめぐり方ではなく、じりじり進んでいる、と思う。

育った環境、見てきたことの影響はたしかに大きい。けれど、自分で考えないのはいけない。下手に考えるのもいけない。体力や時間、頭が追いつかない、というくやしさと、現状が明らかになっていくことで得る安心感もある、生きているって感じもある。

 

継続の仕事ももらえた。で、ひと段落ついた感/開き直った感もあり、頭は興奮状態なのか寝つけず、これは癖になりかけてもいる。円形脱毛症もできていて、これは癖になったなと思う。わたしは肌に出る場合が多い。こんなに気分転換できる要素を持っているわたしで(と思っていたいのもある)こんな。時代にのまれて辛い/しんどい人は多いだろうなと思う。どこか借りて、またヨガやりたいなと思う。今は子と一緒にできるものが、自分にとってはいい。

 

深夜のラジオっていいな。菊地成孔のラジオをすこし聴いていました。

この、「ですます調」で統一していないのは、「表記の統一」は単に編集側の「なんとなく」気持ち悪い、というだけの理由で徹底されているものが多いのではないかと思うから。