読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

hidden design

大阪市で働くデザイナーのブログです。ポートフォリオ→https://hiddendesignsite.wordpress.com/

心の見方について

今、自分の課題になっていることが、すっごくしんどい、つらい、苦しい。今、これを書いているときは、感じない。

「出来事」「いっときの結果」に囚われており、そうと安易に信じ込んできた「自分のなかでの決め事」をぐらぐら揺する。

その分、繊細なところの「幸福」を、たいへん、幸福に感じる。

時間をかなり無駄にしてしまう。

・どうしたらいいかということを考え、試しつづければいいこと、

・ただの、「いっときの結果」、「目に見える」これが誘発するもの、パターン化させてきた「過去」を見ることに慣れていたために今感じる揺れ、ということを、確かめ確かめ、

・外側から賢さを吸収しようと、

自覚している限りは、しているところ。

 

たとえば体がどうなるか。

・ふくらはぎが固くなる

・頸椎が固まる

・背中がこわばる

・鏡を見ない

・嫌なものを見ない、聞かないように努力する

・欲を切っていこうとしている

・逆に、強欲になるもの、それを紐解けば、「不安・恐怖の毛布みたいなもの」をかぶりたい、みたいな心

 

そんなところ。自分には信条はないと思っていたけどあった。ないと思っていたけどあった、ものが、たくさん。

それが、貧乏くさいというか、ちっちゃい、つまらない、

そう感じる。

防衛であったと思う。

不安、恐怖を自分が使えると思ってはならない、

それを利用して「何かを思いどおりにできる」などと思ってはならない。

そういうふうにものを見てはならない。

もの、こと、何、終わったものをどうこうしようとしてはならない。

 

>私たちは全員がすべてについて、おたがいに対して、罪を負っています。そして私は他の誰よりも罪が深いのです。

カラマーゾフの兄弟