hidden design

大阪市で働くデザイナーのブログです。ポートフォリオ→https://hiddendesignsite.wordpress.com/

阿部海太 running water/iTohen

阿部海太 running water

いいなあ、レーベル。したいな。

「女」という作品。うつむいた短い髪の女の背から、闇が覆い被さっている。白い肌にさまざまな色が浮かび上がり、女と剥離している。女の白さは闇の一部である。白が闇を惹きつけるし、闇は白に引きずり込まれ闇自身を引き出される。

 

体とは不思議なもので、人は顔と体で語るのだと思わされる。自分が言葉に多く拠る反面、ひどくすうすうして感じられる時はある。

言葉は何も語らない。あえていうなら語れないということを泣きながら語るくらい、と思う。白い肌や濃い闇があることではじめて放たれる、いえ、放たれていたことに気づく、気まぐれな色のような存在だろう。剥離している。

 

体とは不思議なもの。

その絵の女の左の胸は闇の向こうを見つめていた。右の胸はこちら側、を、透かして、もっとも虚ろなところを見つめている。

胸は顔なのでしょうか。はじめて人が顔をうずめるところ。もっとも深い秘密。

 

www.skky.info