hidden design

大阪市で働くデザイナーのブログです。ポートフォリオ→https://hiddendesignsite.wordpress.com/

まわりが伸びていくときの自分の心理について、卑しさについて

今の自分の心の動き(動かなさ)っておもしろい、と思う。

家族がぐいぐい成長しているときに、これまでの自分の記憶を総動員して、あらゆる心配と恐怖をその「成長からくるバランスの崩れ」に当てはめようとする感じ。

卑しい。とつまる。その、自然な防衛として生まれる心の動きにとまどって、飲まれそうになる、飲まれたほうが楽なんじゃないかと思ってもいる。ただ、それは「自らの」心の動きではない。

 

たぶん自分は今こういう感じなのではないか。無駄に疲れていたり、あさはか、やけくそ、、

そこに飲まれることも選択肢にあるし、ああ、と受け流して、自分の頭で考えるのもあり。

 

自分の「気持ち」などない。

 

人と約束したことがたぶんひと段落つく。疲れ果てて、怖気付いて、自分のことができなくなる、なくする、考えたくない、のも、こういうとき。