hidden design

大阪市で働くデザイナーのブログです。ポートフォリオ→https://hiddendesignsite.wordpress.com/

騒がれていることとの関わり

デザインはパクリだし組み合わせだと、教わってきたなかで、見てきたなかで、わたしも思う。話を受けて、何案も何回も提案して、理不尽ともいえる修正を受けたり、したのだろうあと、クライアントが納得のうえできたデザインに対して周りの人は何を騒ぎたいのだろう。と思う。〈その時代に求められている「気」(「気分」でなく)が可視化されて、拠り所になるようなもの、導いてゆくようなもの〉はデザインの形態として理想的なのかもしれない。自分がここにいて世界を見渡せる地図のようなもの。

何を騒いでいるのだろう、と思うけれど、何か妙な熱の煽りをさんざん受けて、ぼろぼろになる人たちが実際にいるというのは、なんなのだろう。やりきれない感じがする。一歩間違えると当事者だったかもしれない自分は、ここで似たようなことをやっていて、どこか悶々として、何をやっているんだろう、なんなのだろう。

 

仕事を受ける側として、いくつかくる話のうちのひとつ。ではない。仕事を出す側にとっての、「この人になんとかしてもらおう/この人となんとかしてみよう、という現時点で唯一の人=受注者」であり、「独特の課題を出してくる、癖のある、求めているものがありそうな、でも見えていなさそうな、唯一の人。そして、その人が、たしかに見たいものがある=発注者」。

発注する側が求めている以上のものを提案し形にするべきだろう、発注者自身がまだ未知の世界を形にする行為なのだから。でも、現時点での発注者を直感的に論理的に納得させることができないと話にならないだろう。

それは、すべての、関係性があるうちで発生する行為におけるポイントだと思うけれど、あまりに多いノイズの中で疲れ振り回され、なんとか形にして終わらせることで精いっぱいだと感じることは、すごく多い。問題が、見えていないのだろう。何か感じるのだけど、もっと本質的なところを思うことすらできないのだろう。何か、ずたずたになって。ずたずたは快楽でもあって。

いつも、どこの話でも、騒がれていることの論点の把握自体、外側にいては無理で、そこに加わることははきだめに自分のいらいらをぶつけることになりがち、無益、とも思う。

ただ、騒がれている時代に居合わせることは、何か自分に引き付けて考えるべき素材があるということ、とも思う。

 

外側の環境を変えたらあっさり、ということもある。ほんとに。