hidden design

大阪市で働くデザイナーのブログです。ポートフォリオ→https://hiddendesignsite.wordpress.com/

八木橋昇展 KOHORO

八木橋昇さんの器をひとつ持っている。器から受けた印象を、どうやって表せばいいんだろう。語彙を集めてこなかったことがどうにももどかしい。

器がお店にならべてあって、気軽に買って使うことができる。触って育てることができる。じっさいに買って使ううちに、実は非常にとんがっていてあつかいが難しいものだったとか、わたしの左手になんてなじむんだと思ったり、あこがれとその距離感と、手に入れたとたんに逃げていくところ、裏切られるところ…などが、器の魅力のひとつだと思う。絵も文字も写真もそれは変わらない。触覚をとおして、触覚以外のものが目覚める、その連鎖が起こる、ページがめくられるように。

 

家にある小鉢は毎日使っていて、錆のような、澱のような、くすぶりのようなものを反射させて重たさや静けさや、内に秘めたはげしさを思わせつつ、わたしにはそんなにすぐ育たせまいとすっとやさしく座ってくれています。

生活、ひどいけれど。あこがれをもっていつも何かをあわてて手に入れ、使いこなせず、本質が見えず無駄にしてきたことはすごく多い。

 

www.kohoro.jp