読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

hidden design

大阪市で働くデザイナーのブログです。ポートフォリオ→https://hiddendesignsite.wordpress.com/

校正とクラウド クラウドの便利さはそこじゃない

自分で見直す時間がとれず、ひどい誤植なんかをしてしまう。校正だいじ。

自分で見直す時間をとれるように仕事をするべきと思う。許してもらったからOKではまったくないと、わかっています…、

誤植ひとつでその内容における説得力がゼロになってしまうのだから。

 

校正のポイントは、「作業した人とは違う人が、違うツールで見る」ことだと思う。

といえ、ひとりで校正しないといけない場合も多い。

そのときにポイントとなるのがこの2つ。

・違う目になること

・違うツールで見る機会を多くもつこと

 

こういうときに、クラウドが便利。なのだ。

「違う人、場所、ツール」を手に入れられる、という点で便利なんだと思う。

 

今まで、「クラウドは便利なもの」となんとなく思っていたけれど、

それは「時間節約になる」「人と共有できる」という点がポイントだと思い込んでいた。

しかし、実際のところ、

・やりとりですっごい時間がかかる

・細かく指示が入って混乱する(出来上がるものがちっちゃいデザインになる、と思ってしまう)

・肝心な「内容」について深くつっこんで関われない

と感じることが多い。

ひとりで使う場合も同じく、「何度も見直せるものの、ある程度かたちになっている安心感からか、ちっちゃいデザイン、ちっちゃい内容になってしまう」みたいな危機感があったように思う。

 

クラウドは、「違う人、場所、ツール」を手に入れられる、という点で便利。

自分にとっては今のところそうだ。ものをひとつのところで抱えていたときと同じく、時間も手間もかかる。

進め方も変わってくる。

そのなかで、

・質を上げていくために使うこと

・大きく深いこと

をひとまず考えてクラウドを使っていきたい。