hidden design

大阪市で働くデザイナーのブログです。ポートフォリオ→https://hiddendesignsite.wordpress.com/

細谷雄一『戦後史の解放1 歴史認識とは何か 日露戦争からアジア太平洋戦争まで』

人はいっときの感情に支配されるし、恐怖から目をそらす。自分のこと、目先のことを考えがち(しか考えないといってもいいかも)。自分の癖をどのように見つめ、解放して助けるか。

自分がどんな思惑にとらわれ、都合よく考えようとしているか、認識できていないことに気付かないままに愚かな選択を重ねることの罪。

比喩とは人物に属させているものを事物に返そうとする営み、ともいう。出来事や形式がなぜどの思惑によって生まれたか、自分がかたくなにまもろうとしているものの奥にあるすでに壊れたものは何か、など、思い当たる自らの醜さや弱さのこと、絶望のこと。

 

 

・1980年代にフェミニズムポストモダニズムが盛り上がり、歴史認識問題に息吹をあたえる。

現在のそれぞれの立場における都合や思惑により、過去の事実が解釈され、たとえば日韓関係に暗い巨大な影を落とすことにもつながる。
人は、事実をシンボルとして操作し、自らの望む方向へ現実を動かそうとする。

 

・すべてが1945年からはじまったわけではない。「零年」や「神格化」といった見方が招く危険性。

 

・戦後史の基本的な理念である平和主義、人道、人権、民主主義といったリベラルな価値に基づく国際秩序の基礎は、実際は1945年以前につくられていた。

 

・1914年からの「30年の戦争」の時代ほど、平和がのぞまれた時代はない。にも関わらず、この時代にもっとも多く虐殺があった。

 

・20世紀後半はほとんど戦争ないとされる。「第三」世界の戦争。


・20世紀前半は戦争と殺戮にあふれていた時代、後半はそれを防ぎ平和を確立しようとする時代。
平和を確立しようとするそのような動きを戦後史の源流としてみいだすことができる。戦後のはじまりはその転換点とおくことができる。

・1928年 パリ不戦条約 国家政策の手段としての戦争を放棄。自衛のための戦争に触れていない。


・1931年 満州事変 日本人は、パリ不戦条約の意義を世界史的な視座から理解していなかった。自分の持ち物である満鉄の安全と権益をまもろうとする意識。

 

・1945年 ポツダム宣言 アメリカイギリス中国による日本の降伏要求。と同時にアメリカでは原爆の準備。
トルーマンにはドイツ軍主力部隊と闘い続けてきたソ連に対する敬意がない」として、スターリントルーマン、米ソ間の相互不信があった。
アメリカ太平洋戦争の集結。日本内部でもそれぞれ違う終戦の時間が流れていた。沖縄は8/15の玉音放送はなかった。米軍にほぼ占領されていた。

 

・国際政治の世界では、純粋な正義が実行されることはほぼなく、通常はそれぞれの政治思惑のなかからそのような偽善を含む正義が唱えられている。かといって、純粋な暴力政治が行われることもほぼなく、正義の衣で覆っている。

 

ゴールデンウイークと、5、6月の週末で書き上げたという。